体臭予防と入浴のこと

体臭を予防するには、清潔を保つのが一番ですので入浴は非常に重要です。
体調が悪くて入浴ができない場合はともかくとして、お風呂嫌いで入浴しないなどは体中から臭いがして当然と言えます。
特に夏場は汗をかくため菌が繁殖しやすいため、頻繁な入浴が必要です。病気やケガの場合でもタオルをお湯に濡らすなどして清拭を行うことで清潔になりさっぱりします。血行も良くなるので病気の改善にもいいでしょう。このときのアドバイスとしてタオルにハーブやレモンの香りをつけておくと臭いの発生の予防になります。ハーブやレモンには消臭効果とともにリラクゼーション効果もあるのでリフレッシュができます。
入浴できる場合には湯船にお酢をコップに半分程度混ぜるといいです。お酢には臭いを防ぐ効果があります。また酢の作用に体を弱酸性に保つことと、雑菌の繁殖を抑える効果があるのです。ヒノキを使ったお風呂もいい香りがしますし高級な感じがしてリラックスできます。家庭で再現する場合にはヒノキのチップをガーゼなどにくるんで湯船に入れるといいでしょう。ヒノキ風呂と同じように香りがしてきてヒノキ風呂の気分が味わえます。
他にクマザサにも脱臭効果があります。葉っぱを湯船に浮かべて入浴します。今回は体臭の改善を目的とした入浴方法などを紹介しましたが、他にもいろいろな入浴剤が発売されていますし、洗体のための石鹸にも臭い予防用のものなどが売られていますので、試してみてはいかがでしょうか。
いろんな方法がありますが、何より自分が好きな方法で、続けれるのがいいですね。
あとはリラックスもできるものが理想です。ストレスと体臭も関係あるかもしれませんし。
私の場合は、極度の緊張状態になると、手のひらに汗がたまり、すごく体臭がするようになるんです。